美しい歯とは?

自己メンテナンスできているか

そもそも、自分の体ということなんだけど、自分でコントロールできる箇所ってどれくらいあるのでしょう。
髪の色は生えてきた後に染めることができるのだけど、生まれながらって部分にはじぶんの身体であってもじぶんでントロールできないのよね。
心臓の動きもそうだよね、ちょっと、心臓を止めてみようなんてできないよね。
手足を動かくことくらいかな?
それも、ケイレンとかあると自分で制御できなくなっちゃうよ。
今回は歯のことなんだけど、白くて健康的な歯を維持するには、日頃からの心構えが大切だと思いませんか。
だから、あえてその道のプロにメンテナンスをお願いしたいと思うんだな。

歯のことを勉強して技術を会得している人に、委ねるのがてっとり早いんじゃないのかな。
自分では歯磨きなどでのことはできても歯石を取ったり、着色しているのを洗浄したりするのは、専門家にお願いしたいところです。

第一印象を白い歯で爽やかに!

人の印象でやっぱり外見でしょう。
外見に不快感がなというのが最低限のマナーでもあると思いませんか。
例えば、就職活動などでもリクルートスーツに身を包んでいる人が多くいますが、それも面接官に不快感を与えないように努力しているのではないでしょうか。
私は規律を守りますというような表現をしているようにも解釈できませんか。

そもそも、周囲の人の配慮ができる人ばかりではないから、諍いが発生するのですが、少なくとも自分や周囲の人へ迷惑とならないように身なりと同様、身体や歯にも注意をしたいと思います。
そうそう、匂いもですね。自覚症状の少ない歯槽膿漏などを発病している人の口臭は周囲に人へ不快感を与えてしまうことも多々あるからね。

どれだけ仲の良い友人でも「あなた、口臭が迷惑なの」なんてアドバイスを頂くことは、中々ないものですから。