どんな手段で取り組む?

腕の良い技師へ

さぁ!一流の技術者を探しましょう。
どうやって探しますか。
現在はますが、インターネットでの検索ではないでしょか。
それとも、知人や友人たちの集うSNSに助けを求めますか。
それもインターネットの部類ですよね。その方法も否定はしないのですが、一番手っ取り早いのは、周囲の人へ訪ねるのはいかがでしょう。
もしくは、経験者の紹介とかもアリですね。
最近、綺麗な歯になった人、身近にいないかな。もしも、興味があるとか経験したことがあるって人がいたなら、紹介してもらうのも一考だよね。
少しでも知人や友人の紹介だと、医師や施術師も人も安心するんじゃないのかな。

あ、でも、その紹介してくれた人が、とんでもなく、オカシナ人だとすると、話がまた違ってきたりするかもね。

企業の理念は?

こちらの目的としている「美しい歯を手に入れる」ということだけを目的にするのなら、どんな企業や医療施設でも構わないのでしょう。しかし、そもそも「自分を取り巻く美を探求する」という視点に立つとすると、施術をお願いする企業の理念にも着目しておきたいとは思いませんか。

一生懸命に働いて得た収入を美しい歯を手に入れるためになら、どんな企業でも構わないという、いかにも利己的な思考の人にはなりたくないのは私だけでしょうか。
世の中の企業や組織では色んなズルイことが多々、生じております。
ズルイことからは逃れることはできないのかも知れないけれど、微力でも、自分が納得する企業や組織にお金を支払いたいと思う人が多く存在することを願いたいモノです。